アラヤ工業の一日の流れ

外壁屋は朝型人間にぴったり!?

アラヤ工業の典型的な一日の流れをご紹介しましょう。

土木工事のような深夜作業はありません。

朝から現場に入り、夕方には終わるのが典型的なパターンです。

 

とある1日のスケジュール

7:15 本社にて工具積み込み

一日の工程を確認後、班ごとに作業に使う工具や材料を積み込みます。

積み込み後、各現場へ向かいます。

中には少し早めに出社して、コーヒーで一服する人も。

 

8:00 現場到着~朝礼

現場に到着後、工具の積み下ろし。

8:15頃に全体の朝礼が始まります。

業者毎にその日の作業内容と安全上の注意点を共有します。

 

8:30 作業開始

工程を再度確認したら、作業開始。

この日は材料屋から届いた外壁材を、施工するフロアへ搬入するところからスタート。

リフトで7階まで上げます。

 

11:30 休憩

最近の現場は、働く人の安全管理に気をつけています。

特に夏場は休憩を徹底しています。

水分を補給し、塩飴をなめ、弁当を食べつつ休憩を取ります。

 

12:30 午後の作業

その日目標とした作業を、連携を取りながら行います。

金具を鉄骨に据えつける。

外壁パネルを固定する。

シーリングをする。

短い休憩を挟みながら、作業を進めていきます。

 

17:00 撤収

その日の目標を達成したら、工具を積み込み撤収します。

 

17:30 荷下ろしをして退社

本社に戻り、工具や材料を下ろします。

日報を書いて退社。

朝は早いですが、順調に作業を進めれば、その分早く帰れます。

 


現場の所在地や、工事の内容によって進み方はまちまちです。

遠方の現場の際は、宿に泊ったり、フェリーで移動することもあります。

仕事を通じて様々な場所へ行けるのも、楽しみの一つかもしれません。

関連記事

  1. ALC(エーエルシー)って暖かいと思った件
  2. ヒンヤリする下着が届きました!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。